センナ アロエ お茶

センナやアロエが入ったお茶は症状が悪化|副作用と依存症に注意

薬局などに行くと便秘解消に効果のあるお茶が売られて
います。もし、そんなお茶を飲んでいる、もしくは飲もうと
思っているのであれば、含まれている成分をチェックして
ください。

 

 

もし、成分にセンナやアロエ、大黄が含まれている
のであれば、常用は避けたほうが良いです。
これらは、下剤にも使われる成分なので、効果はすぐに
出ると思います。(お茶に含まれる量によります。)

 

 

その理由は、アロエ、センナ、大黄が大腸にとって毒物
なので、大腸は入ってきた毒物を少しでも早く排泄しよう
と動くからです。つまり、大腸の動きを良くするのではなく、
毒物で無理やり大腸を動かして、排便を促しています。

 

 

効果は強く即効性もあるので、便が排泄できず苦しくて
我慢ができない時に、使うことは有効です。しかし、毒物
を摂取するのは体にとって良いことではないので、常用
するのはさけてください。

 

 

常用してしまうと体が徐々に慣れてしまい、効果が出に
くくなります。すると、もっと強い効果を得ようと摂取量が
増え、それでも効果が出なくなり、下剤を飲むことになって
しまいます。

 

 

さらに、下剤にまで体が慣れてしまい、どんどん摂取量が
増え、下剤がないと排便できない体、下剤が手放せない
下剤依存症になってしまいます。お茶だから安全だと思い、
安易に頼らないように気をつけてください。