運動不足 痔 ウォーキング

運動不足による筋肉の衰えが便秘の原因|ウォーキングでお通じ改善

痔を予防、痔の痛みを和らげるためには、便秘解消は欠か
せません。便秘になると、腸の中で便の水分が無くなり、どん
どん硬くなります。硬くなった便は排泄しにくいので、強くいき
んでしまったり、肛門を傷つけてしまいます。

 

 

そんな便秘になってしまう一番多い原因は、筋肉の衰えです。
排便には腹筋や背筋が必要となるのですが、加齢や出産、
最近は運動不足などにより衰えてしまっている女性が増えて
います。

 

 

つまり、便秘解消するためには、ウォーキングなどで腹筋、
背筋を動かしてあげることが必要です。特に、ウォーキング
は体全体の筋肉が鍛えるので消費カロリーが増え、また
有酸素運動なのでダイエット効果も期待できます。

 

 

短時間で効果を発揮するウォーキング

だらだら歩いていても、効果はなかなか出ません。短時間
で効果のあるウォーキングをするためには、いつくかポイント
があります。

 

ポイント1 背筋をピンと伸ばす
ポイント2 胸を張ってお腹に軽く力を入れる
ポイント3 腕を大きく振る
ポイント4 軽く汗をかく程度のスピードで歩く

 

 

ウォーキングを行う時間は、1日30分以上が理想的です。
ただ、運動をほとんどしていない人は、最初から1日30分
はハードルが高いかもしれません。最初は、近所のスーパー
までなど少しでも良いので、とにかく始めてみてください。

 

 

続けていると、体力も筋力も増えてくるので、歩ける時間が
増えていきます。さらに、便秘にも良い効果が出てくるので、
歩くことが苦ではなくなってきます。そうしたら、徐々にウォー
キングの時間を延ばしてください。

 

 

もちろん、筋トレで腹筋を鍛えることも効果的です。ただし、
無理に行ったり、間違った方法で行うと、腰を痛めてしまう
ことがあるので注意してください。

 

 

腰を痛めない腹筋

腹筋をするときは、フローリングなど硬いところではなく、
カーペットや畳など柔らかいところで行ってください。
仰向けに寝て、頭の後で手を組み、軽く膝を曲げます。
その状態から、ゆっくりと頭を起こしていきます。

 

 

おへそが見える位置まで来たら、その状態で10秒くらい
止めます。その後、ゆっくりと元の位置に戻します。これを
1セットとして、10セットを目標に行ってください。もち
ろん無理は禁物です。