つぼ押し お通じ 腸

動きの鈍った腸をツボ押しで活発にする|いつでもどこでも

お腹が張って辛いのに、トイレに座っても便は出ない。何分も座って、やっと出たとしてもコロコロしたものが少しだけ。本当に嫌になってしまいますよね。そんなスッキリできない状態を治すためには、大腸の動きを活発にすることが必要です。

 

 

大腸が活発に動いていれば、便がお腹に溜まらず、硬くなる前にすんなり排泄することができます。大腸の動きは、ストレスや食生活の乱れ、女性の場合はホルモンの影響などにより、すぐに乱れてしまいます。

 

 

大腸の動きを活発にさせるには、ストレスを解消する、食物繊維をたくさん食べる、そして腸内環境を整えることが欠かせません。また、効果は短期的ですが、ツボも効果があります。

 

 

腸内環境を整える方法はこちら

 

 

大腸の動きを活発にする3つのツボ

大巨(たいこ)

へそから指3本分下がり、そこからさらに指2本分左右に外側に行ったところにあるツボです。この部分を5本の指で、優しく、ゆっくり押してください。

 

 

間使(かんし)

手首の内側にシワがあり、そこから指5本分下がり、そこにある2本のスジの間にあるツボです。この部分を親指で少し力を入れて押してください。ちょっと痛いけど気持ち良いと感じるくらいの力です。

 

 

合谷(ごうこく)

手の甲側にあるツボです。親指の骨と人差し指の骨が交わるところがあり、そのちょっと手前、人差し指側にあります。触るとちょっと凹んだ部分です。この部分を親指でちょっと痛いけど気持ちと感じるくらいの力で押してください。

 

 

どのツボも1回につき3〜5秒、1日に4、5回押してください。始めはツボの正確な位置が分からないかもしれません。位置が多少ずれていても、押したときに少し痛いけど気持ち良いと感じる場所を押すだけでも効果があります。

 

 

腸内環境を整えることも重要

ツボ押しの効果は限定的なので、根本的な解決方法にはなりません。補助的なものと考えてください。大腸の動きを鈍らせている大きな原因、腸内環境を整えることが必要不可欠です。

 

 

その腸内環境に大きな影響を与えているのが、腸内に住んでいる腸内細菌です。腸内には100種類の以上の細菌が住んでいて、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類に分けられます。

 

 

 

 

善玉菌は、腸内環境を整えて大腸の動きを活発にしたり、病原菌の侵入を防ぐなど、私達の健康を保ってくれています。悪玉菌は、腸内環境を乱し、大腸の動きを鈍らせる、生活習慣病や老化、肌荒れの原因となる有毒ガスを作り出します。

 

 

日和見菌は、どっちつかずな働きをする菌です。善玉菌が優勢であれば善玉菌のような働きをして、逆に悪玉菌が優勢であれば悪玉菌のような働きをします。

 

 

腸内に善玉菌が悪玉菌よりも多く住んでいれば、日和見菌は善玉菌のようは働きをするので、腸内環境は整い、大腸も活発に動きます。では、どうすれば善玉菌を増やせるのでしょうか?

 

 

私達の腸内に住んでいる腸内細菌は、私達が食べたもののを栄養源として活動しています。つまり、善玉菌の好物をたくさん食べてあげると、善玉菌は元気になり、数もどんどん増えてくれます。

 

 

どんな物を食べたら良いのか、詳しいことについてはこちらの記事に書いたので参考にしてみて下さい。