イボ痔の治し方

イボ痔の治し方|マッサージで肛門の血流を良くして症状を改善

痔になってしまう大きな原因は便秘です。便秘になると便が硬くなります。硬くなった便はなかなか排泄できないため、トイレに長時間座ったり、強く息んでしまうことがあります。そのとき、肛門周りの血管は強く圧迫されてしまいます。

 

 

血管が圧迫されて血流がせき止められ、血管がイボのように膨らんだ痔になります。これを痔核、一般的にはイボ痔といいます。痔核が肛門の内側で出来たものを内痔核、肛門の外側にできたものを外痔核と言います。

 

 

イボ痔は血液の流れがせき止められたことで起きる痔なので、治すためには血行を良くすることが欠かせません。血行を良くするために効果的な方法は、お尻を温める、お尻のマッサージです。

 

 

イボ痔を治すマッサージのやり方

 

血行を良くするには、やっぱり入浴が有効ですね。シャワーで済ませてしまう人も多いかと思いますが、血行を良くするためにも、38度から40度くらいのちょっとぬる目のお湯にゆっくり使ってください。

 

 

湯船に浸かり体が温まってきたら、人差し指と親指で肛門付近をマッサージしてください。肛門付近の筋肉がほぐれて、血液の流れが良くなります。ただ、マッサージ中に肛門を傷つけないためにも、爪は切っておいてください。

 

 

入浴して体が温まると、大腸の動きも活発になるので、一緒に便秘解消マッサージをすることをお勧めします。ガスの抜けが良くなったり、排便がスムーズになったりします。

 

 

やり方は簡単です。手のひらをおへその近くに置いて、おへそを中心として『の』の字を描くように動かしてください。軽くお腹を揉みながら行うと効果アップが期待できますよ。これを2,3周行ってください。回数は1週間に1、2回くらいが目安です。

 

 

マッサージによる痔改善、便秘改善の効果はすぐに出ないかもしれません。しかし、長く続けることで少しずつ効果が出てきますので、焦らず、気長に行ってください。

 

 

もちろん痔や便秘を改善するためにはマッサージだけでは不十分です。食生活の改善や生活習慣の見直し、軽い運動なども必要です。また、症状が悪化する恐れがある場合は、早めに病院を受診して下さい。

 

 

トップページに戻る