菓子パンは便秘に悪い

便を硬くする食べ物は?|お菓子や菓子パンが便秘を悪化させる

便秘になってしまう原因の1つに大きな腸内環境の乱れがあります。大腸の中には数兆個もの腸内細菌が住んでいて、大腸の動きに大きな影響を与えています。腸内細菌の中には、善玉菌と悪玉菌がいます。

 

 

善玉菌が多いと腸内環境が整い、大腸の動きが活発になります。逆に、悪玉菌が多いと腸内環境が乱れて、大腸の動きが鈍くなってしまいます。

 

 

大腸の動きが鈍くなってしまうと、便が大腸の中を通り過ぎる時間が長くなります。便は大腸の中にいる間、大腸の壁から水分をどんどん吸収されてしまいます。もともとは水分をたっぷり含んだ便も、肛門に届けられる頃には水分を失ったカチカチの便になってしまいます。

 

 

つまり、便秘を改善してお通じをスムーズにするためには、善玉菌を増やして、腸内環境を整えることが欠かせません。では、どうすれば善玉菌が増えて、腸内環境を整えることが出来るのでしょうか?

 

 

お菓子や菓子パンには悪玉菌のエサがたっぷり

腸内細菌(善玉菌、悪玉菌)は、私たちが食べた物を栄養源として生きています。つまり、善玉菌が好きなものを食べて、悪玉菌が好きなものを控えると腸内環境が整い、お通じが良くなります。

 

 

善玉菌のエサになるものは食物繊維とオリゴ糖です。食物繊維は穀物や野菜、海草類、豆類に多く含まれています。オリゴ糖は、玉ねぎ、とうもろこし、牛乳、バナナなどの多く含まれています。

 

 

悪玉菌のエサになる物は、肉や卵、油物などです。お菓子や菓子パンには、悪玉菌の大好物である卵、脂がたくさん使われています。そのためお菓子や菓子パンをたくさん食べると悪玉菌が元気になってしまいます。

 

 

また、お菓子や菓子パンなどを食べて、食事の量が減ってしまうこともお通じを悪化させてしまう原因になります。食事の量が減るとお通じ改善、便秘解消に欠かせない食物繊維が不足してしまいます。

 

 

便を柔らかくする為には和食がおススメ

便秘を解消するためには、食物繊維とオリゴ糖が必要です。逆に、肉や卵、油物は症状を悪化させてしまうのでなるべく避けるようにしてください。しかし、最近は食の欧米化が進み、ファストフード店などで食事を済ませてしまう人も多いかと思います。

 

 

善玉菌を元気にする食物繊維を含む野菜や海草類はほとんどない代わりに、悪玉菌を元気にしてしまう肉やチーズ、パンなどがたっぷり使われています。

 

 

以前は、便秘や痔は年配の人がなる病気でしたが、食生活が変わったことで若い人でも悩まされる病気になってしまいました。

 

 

お通じを悪化させないためにも、出来るだけ欧米風の食事、ジャンクフード、お菓子などを避けて、食物繊維がたっぷり含まれた和食を食べるように心がけてください。

 

 

トップページへ戻る