おしり 硬い便 痛い

排便するとき肛門が痛い|便を柔らかくして刺激を防ぐことが必要

痔になってしまうと、トイレでいきむと肛門に激痛が走る
ので排便できないことがあります。でも、排便しないと
腸の中に便が溜まってしまうので、お腹の張りや腹痛が
強くなってしまいます。

 

 

排便時の痔による痛みを減らすためには、便を柔らかく
することです。柔らかくなれば、それほど強くいきまなくても
排泄でき、さらに便により肛門を傷つけることもなくなり
ます。

 

 

便を柔らかくするには、水分をしっかり摂る、食物繊維を
多く含む食べ物を食べる、体を動かすなどの対応が必要
です。排便のときにウォシュレットで肛門を潤すことも効果的。

 

 

どうしても便が柔らかくならないときは、酸化マグネシウム
という薬を使うことも有効です。この薬を飲むと便の中に
含まれる水分の量を増やすので、便を柔らかくすることが
出来ます。体への負担も依存性も少ないので、安全な
便秘薬です。

 

 

便秘だけでなく、下痢も症状を悪化させる可能性がある
ので、便を柔らかくしすぎることも危険なので注意してください。
下痢が凄い勢いで出ると、肛門を傷つけてしまいます。また、
下痢が傷口に入って、化膿し、痔ろうになってしまうことが
あります。

 

 

便秘や下痢になってしまう原因は、腸内の善玉菌の数が
減り腸内環境が悪化していることにあります。つまり、
善玉菌の数を増やしてあげることが、便秘にも痔にも効果的
です。

 

 

オリゴ糖で善玉菌を増やす|1日スプーン一杯