座り仕事 痔 悪化

座り仕事は痔を悪化させる|肛門への負担を減らす方法

車の運転手やパソコンを使った仕事をしている人は、
1日中椅子に座りっぱなしなので、痔が悪化してしまう
可能性が高いです。

 

 

座る姿勢は、上半身の体重が肛門にかかってしまいます。
この状態が長く続くと肛門付近の血行が悪くなり、うっ血
(血がたまった状態)し、痔核(イボ痔)になってしまったり、
痔の痛みを増加させてしまいます。

 

 

椅子に長時間座るようなときは、1,2時間毎に1回立ち
上がり、散歩などをしてください。立ち上がることで、肛門
への負担が取り除け、歩くことでお尻の筋肉がほぐれ血行
が良くなります。

 

 

また、ドーナツクッションを使うことも効果的です。ドーナツ
クッションとは、その名の通りドーナッツの形をしたクッ
ションです。真中が空いているので肛門に集中する力を
周りに分散して、肛門への負担を減らしてくれます。

 

 

もちろんドーナツクッションを使っていても、痔の対策は
完璧ではないので、定期的に立ち上がることは大切です。
また、仕事が無いとき休日には、積極的に体を動かして
ください。

 

 

ただし、痔は何よりも、悪化してしまう前に病院を受診
することが大切です。