痔の手術費用

痔の手術費用はどれくらいかかる?|健康保険は適用となる

痔はほとんどの場合、手術せず薬で治すことが出来ます。病院を受診した人の1〜2割程度しか手術にはならないようです。手術になっても、痛みは無く、後遺症もないので安心してください。時間も30分以内終わってしまう簡単なものです。

 

 

手術は日帰りできる?

症状によって日帰りになったり、一週間入院など日数はまちまちですが、2週間を越えることはほとんどありません。仕事や家庭の予定に合わせて手術日を決めてください。日帰りになった場合でも、手術の次の日から仕事が出来るかどうか分からないので、しっかりと医師に確認してください。

 

 

症状ごと手術の内容と入院期間について簡単に説明します。ただ、医療はどんどん進化しているので、新たな手術方法もいろいろと変化しています。あくまでも参考として、詳細は病院の先生に確認してください。

 

 

外痔核(イボ痔)
局所麻酔をして血栓除去を行います。簡単な日帰り手術で、術後は普通に生活できます。

 

 

内痔核(イボ痔)
局所麻酔で痔核(イボ)を切除することが多いです。痔核が一箇所であれば日帰り手術ができ、手術の翌日から普通に生活できます。痔核が大きい場合や2ヶ所以上の場合は、入院手術になることが多いです。

 

 

裂肛(切れ痔)
排便のたびに肛門が切れては治るを繰り返していると、患部が硬くなり肛門が小さくなってしまうことがあります。こうなった場合は、肛門の筋肉にメスを入れて肛門を広げます。手術の時間は短く、日帰り手術になることもありますが、術後の出血が心配なのでしばらくは安静にする必要があります。

 

 

費用はどのくらいかかるの?

手術となると気になるのが費用ですよね。いったいどれくらいかかるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

 

まず、痔の治療は健康保険を使えるのか、どうかという問題があります。ほとんどの場合は、健康保険の適用となり、治療費の3割負担になります。まれに、自由診療(自費診療)を行っている病院もあるようです。

 

 

次に、手術の費用ですが、保険適用の場合、3〜4万円程度かかります。日帰りできる場合であれば関係ないのですが、入院が必要となった場合には入院費が別にかかります。

 

入院費は、どのくらい入院するのか、病室は個室か大部屋か、また病院によっても費用は異なります。ちなみに、1〜2週間の入院が必要になった場合は、医療費は8〜15万円くらいかかります。

 

 

トップページへ戻る