出血 お尻 病気

トイレしたときにティッシュに血がついた|出血の原因は?

トイレでお尻を拭いたティッシュに血が付いたときに痛みが伴っている場合は、裂肛や外痔核、初期の内痔核など肛門からの出血の可能性が高いです。

 

 

裂肛は一般的には切れ痔と言われます。硬い便を無理やり排泄したときに、肛門が裂けてしまったり、傷が付くことで出血します。出血の量はわずかですが、排便の際に激しい痛みが発生します。

 

 

外痔核と内痔核は一般的にはイボ痔と言われます。肛門の外側にイボが出来てしまうものを外痔核、肛門の内側(目で見えない部分)に出来てしまうものを内痔核と言います。

 

外痔核からは、わずかな出血と痛みがあります。ティッシュで肛門を触ったときに、違和感があるのですぐに気づくことが出来ます。

 

 

内痔核からは、初期症状であればわずかな出血があります。しかし、痛みはなく、肛門の内側にあるため違和感が無く、初期症状では気づけません。症状が進行すると血がポタポタトたれたり、一気に血が出るためトイレの水が真っ赤に染まることがあります。

 

 

痔以外にも潰瘍や腫瘍(ポリープ)から出血することがあります。肛門から近い場所で出血した場合は、赤い血が便に混じっていたり、便の周りに血がまとわり付きます。肛門から離れた部分で出血しているときは、変色し黒くなった血液が便に含まれ、排泄されます。

 

 

肛門から出血があった場合は、素人判断は危険です。単純に痔であればいいのですが、大腸ガンなど怖い病気が潜んでいる場合もあります。出血した場合は、恥ずかしがらずに病院に相談してください。

 

 

40歳を過ぎたら便潜血検査(検便)

ちょっと話が変わりますが、ティッシュに血が付いている場合でもいない場合でも40歳を過ぎたら便潜血検査を行いましょう。

 

 

肛門から離れた場所で出血している場合は、血は黒くなり、便に混じってしまうので気づけないことがあります。便潜血検査を行うことで、大腸の中や胃の中に病気による出血があるか無いか判断することが出来ます。

 

 

40歳を過ぎると大腸がんなどの病気になる可能性が高くなっているので、便潜血検査を行うことが大切です。検査が陽性の場合は、大腸の内視鏡検査を受けてさらに詳しく調べてください。小さいポリープであれば内視鏡検査の際に一緒に切除してしまうことが可能です。

 

 

トップページへ戻る