出血 お尻 病気

トイレしたときにティッシュに血がついた|出血の原因は?

トイレでお尻を拭いたティッシュに血がついていた、トイレの
水が真っ赤になったなどお尻から出血があった場合、
痔(切れ痔、イボ痔)、潰瘍か腫瘍(ポリープ)といった病気
になっていることが考えられます。

 

 

痔による出血
食生活や生活習慣の乱れ、ストレスなどにより便秘がちに
なり、排便する際に肛門に大きな負担をかけてしまいます。
すると、肛門付近がうっ血(血がたまった状態)したり、硬く
なった便により肛門が傷つけられ出血します。

 

 

潰瘍、腫瘍(ポリープ)による出血
消化器官に出来た潰瘍、腫瘍から出血します。肛門から
離れた部分で出血しているときは、変色し黒くなった血液
が便に含まれ、排泄されます。肛門の近くで出血している
ときは、鮮血となる場合もあります。

 

 

症状が悪化していると出血が酷くなり、トイレに入ったら
便は出ずに、血だけが出ます。出血があったときは、個人で
判断するのではなく、必ず専門の病院を受診してチェックして
もらったほうが良いです。

 

 

痔は、医者が見ればすぐに判断できます。症状が軽ければ
薬で治療します。症状が悪化し、薬では治せないときは、
手術になります。

 

 

潰瘍、腫瘍(ポリープ)は、大腸カメラによる検査を行います。
40代以降はガンになりやすいので、出血の原因が
痔の場合でも、大腸カメラを受けたほうが良いです。