妊娠中でも安心して出来る便を柔らかくする方法

妊婦も出来る便を柔らかくする方法|妊娠中は便が硬くなりやすい

妊娠中は、女性ホルモンの影響で腸の動きが低下し、大きくなったお腹が腸を圧迫します。さらに体を動かすのが大変なので、運動不足にもなります。そのため、妊娠すると便秘になってしまう人が多いです。

 

 

いきんでも大丈夫?

妊娠中は、強くいきむと赤ちゃんに悪影響を与えちゃうんじゃないか?とか、便秘薬を飲んでも大丈夫なの?かとか色々不安になってしまいますよね。

 

 

いきんでも赤ちゃんに悪影響は与えませんが、あまり長時間いきむことは避けましょう。血圧を急激に上げてしまったり、子宮収縮や痔の原因になってしまうことがあります。

 

 

便秘薬は使っても大丈夫?

便秘薬の中にはお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまうものがあります。便秘薬を使いたいときは、主治医に相談してください。妊婦さんでも安心して使える便秘薬(酸化マグネシウムやラキソベロンなどが)を処方してくれると思います。

 

 

妊娠中でも出来る便秘対策方法

お通じを良くするためには、まずは便に含まれる水分を増やして柔らかくすること。そして、大腸の動きを活発にしてあげることが必要です。

 

 

しっかり水分補給

むくみが気になるため、水分を控えてしまう人もいると思います。しかし、むくみの原因は水分ではなく、塩分の取りすぎや運動不足、冷えなどが原因です。

 

 

体内の水分が減ってしまうと、便に含まれる水分がどんどん吸収されてしまうので、便は硬くなってしまいます。なので水分補給はしっかりしてください。ただ、寝る前の水分補給は控えめにしたほうが良いと思います。夜中にトイレに行きたくなってしまうので。

 

 

また、冷たい飲み物は控えてください。体が冷えてしまい、大腸を含め内臓の働きが低下してしまいます。便秘だけでなく、むくみの原因になってしまいます。

 

 

食物繊維をバランスよく食べる

食物繊維が便秘に良いことを知っている人も多いと思いますが、不溶性と水溶性の2種類の食物繊維があることを知らない人も多いようです。便秘を解消するには、この2種類の食物繊維をバランスよく食べることが重要なんです。

 

 

不溶性食物繊維は、キャベツやゴボウ、などの野菜や玄米などの穀物に多く含まれています。この食物繊維は、水に溶けず、水を含むと何倍にも膨らみ大腸を刺激して、大腸の動きを良くしてくれます。

 

 

ただ、不溶性食物繊維ばかり食べて、水分を取らなかったり、水溶性食物繊維を取らないと便が硬くなってしまうことがあります。

 

 

水溶性食物繊維は、昆布、わかめなどの海草類、大豆などの豆類、干ししいたけなどのキノコ類、キウイやプルーンなどの果物などに多く含まれています。この食物繊維は、水に溶けてゼリー状になるので、便を柔らかくする働きがあります。

 

 

不溶性と水溶性2種類の食物繊維をバランスよく食べることで、柔らかい便がたくさん作られるのでお通じが良くなります。摂取の割合は『不溶性食物繊維』対『水溶性食物繊維』が2対1が理想的です。

 

 

散歩で体を動かす

体が重くなり、お腹の赤ちゃんのことを気にするあまり体を動かさなくなってしまう妊婦さんは多いです。しかし、体を動かしていないと、大腸の動きが低下しさらに、排便に必要なお腹周りの筋肉も衰えます。

 

 

とはいっても、お腹の赤ちゃんへの影響も心配なので、激しい運動は避けてください。妊婦さんにお勧めの運動は散歩です。天気が良く、体調も良い日に公園や近所のスーパーなどに歩いて行ってみてください。気分転換にもなるのでお勧めです。

 

 

体を冷やさない

体を冷やすと、血の巡りが悪くなり、妊娠経過にも便秘にも痔にも良くありません。冷たい飲み物や食べ物を控える、長めの靴下をはく、湯船にしっかり浸かるなど体を冷やさないように注意してください。

 

 

湯船は38〜40度くらいの少しぬるめにしてください。熱過ぎると大腸が緊張して、動きが悪くなります。また、体への負担も大きいので、気分が悪くなってしまうことがあるので注意してください。

 

 

腸内環境を整える

大腸には100種類以上の腸内細菌が住んでいます。中には、大腸の動きを活発にする善玉菌と鈍くする悪玉菌が住んでいます。つまり、善玉菌を増やすことが出来れば、大腸の動きは活発になり、便秘が改善します。

 

 

善玉菌と言えば、ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌が有名です。便秘解消のためにヨーグルトを食べている人も多いと思います。しかし、ヨーグルトだけでは大腸内に住んでいる善玉菌はなかなか増えません。

 

 

なぜなら、食べ物に含まれているほとんどの善玉菌は胃を通るときに胃酸によってほとんどが死滅し、生きたまま腸に届きません。仮に生きたまま大腸に届いても、大腸は体の外から入ってきた善玉菌を異物とみなし、すぐに排泄してしまいます。

 

 

善玉菌を増やすためには、体の外から取るのではなく、大腸内の善玉菌を元気にすることが効果的です。もともと腸内に住んでいる善玉菌なので、胃を通る必要もなく、大腸から異物とみなされ排泄される心配もありません。

 

 

腸内に住んでいる善玉菌を増やすために必要な物は、バナナや牛乳などに含まれているオリゴ糖です。オリゴ糖は胃や小腸で消化されずにそのままの形で大腸に届き、善玉菌に食べられます。オリゴ糖を食べた善玉菌は元気になります。

 

 

オリゴ糖の詳細は、こちらのページにまとめているので、参考にして下さい。