善玉菌を増やすサプリ

善玉菌を増やすサプリ|腸内環境を整えてお通じをスムーズに

3日、4日、それ以上と便が出ない日が続き、苦しんでいる人が増えています。さらに、便秘で悩んでいる人は痔にも苦しめられている可能性が高いです。

 

 

便秘になると便は硬くなります。そんな硬くなった便を出すために、お腹に力を入れて息んでしまうと、肛門に負担がかかり『イボ痔』や『切れ痔』なってしまいます。。

 

 

痔になると排便のたびに激しい痛みが起こるので、トイレを我慢してしまいがちです。しかし、出さなかった便は水分がなくなり、硬くなるので、痔の痛みはますます増加します。なので、またトイレを我慢。

 

 

この痔と便秘の悪循環に陥ってしまうと抜け出すのはかなり大変です。便が硬くなってきた、お尻がヒリヒリするなどの症状が出たら早めに対処してください。

 

 

便秘改善には善玉菌が欠かせません

腸内には100個以上の腸内細菌が住んでいます。その中には、大腸の動きを活発にする善玉菌、大腸の動きを鈍らせる悪玉菌がいます。善玉菌には乳酸菌やビフィズス菌など、悪玉菌にはウェルシュ菌、大腸菌などがいます。

 

 

もちろん、便秘を治す、お通じをスムーズにするためには善玉菌を増やすことが必要です。そのためには2つの方法があります。

 

方法1.体の外から善玉菌を取る
方法2.すでに大腸の中にいる善玉菌を元気にして数を増やす

 

 

方法1について
ヨーグルトなどの乳製品、漬け物や味噌などの発酵食品には、乳酸菌やビフィズス菌がたくさん含まれています。最近は、善玉菌がとれるサプリメントもありますね。

 

 

これらを摂取ことで、体の中に善玉菌を入れることは可能です。しかし、体の外から取り入れた善玉菌は、胃を通らなければいけません。胃の中には、強い酸性の消化液『胃酸』があるので、ほとんどの善玉菌は死滅してしまいます。

 

 

仮に、生きたまま大腸に届いたとしても、大腸から異物と見なされて、すぐに排泄されてしまいます。ただし、効果が無いわけではありません。毎日、善玉菌を大腸に送り続けることで、腸内環境は改善します。

 

 

方法2について
善玉菌はすでに大腸の中に住んでいるので、これを元気にすることが出来れば良いですよね。胃を通る必要がなく、大腸から異物と見なされることも無いので、効率良く善玉菌を増やすことができます。

 

 

善玉菌を増やす方法

腸内細菌は、私達が食べたものをエサとしています。つまり、善玉菌が好むものを私たちが食べると、腸内に住み着いている善玉菌が元気になり、数も増えてくれます。

 

 

善玉菌のエサとなるのは、食物繊維とオリゴ糖です。

 

 

食物繊維は、野菜や海草類、豆類、キノコ類、果物に多く含まれています。食物繊維には、善玉菌を元気にするだけでなく、便を理想的な状態にしてくれる働きもあるので積極的に食べましょう。

 

 

オリゴ糖は、玉ねぎ、とうもろこし、大豆、バナナ、牛乳などに含まれている糖類の1つです。善玉菌は、オリゴ糖が大好物なので、善玉菌を増やすためには効果的です。

 

 

ただし、食べ物に含まれている量は少ないので、十分な量を食べ物だけで取るのはちょっと難しいかもしれません。なのでオリゴ糖製品を利用することをおススメします。

 

 

薬局やスーパーでも購入することが出来るので、探してみてください。インターネットで調べればいろいろな製品を見つけることもできます。

 

 

オリゴ糖ってどんな働きをするの?