腸内環境を効果的に改善

腸内環境を効果に改善|便を柔らかくしてお尻の痛みを減らす

痔になってしまう大きな原因は便秘です。便秘によって硬くなった便が、肛門に負担をかけたり、傷をつけることで痔になってしまいます。つまり、痔を改善するためには、便秘を解放することが欠かせません。

 

 

便秘な人と便秘でない人では、腸内環境が違っています。便秘がちな人は腸内環境が乱れ、悪玉菌が優勢になっています。便秘でない人は腸内環境が整っていて、善玉菌が優勢になっています。

 

 

腸内環境が整い、善玉菌が優勢になると大腸の動きが活発になります。すると、便はスムーズに大腸の中を移動して、肛門から排泄されます。排泄するまでに時間が短いと、便に含まれる水分が多いため、柔らかい便になります。

 

 

逆に、腸内環境が乱れ、悪玉菌が多いと大腸の動きが鈍くなります。すると、便はなかなか肛門まで送られないため排泄が遅れます。大腸にいる間、便は水分をどんどん失うため、硬くなってしまいます。

 

 

つまり、便秘解消、そして痔の解消のためには、腸内環境を整えて、善玉菌を増やすことが欠かせません。

 

 

善玉菌を増やして悪玉菌を減らすには?

腸内細菌は、私達が口にし、胃や小腸で消化吸収された食べ物のカスを栄養源としています。そして、善玉菌と悪玉菌はそれぞれ違う食べ物を好むので、善玉菌のエサとなる物を多く食べ、悪玉菌のエサとなる物を控えることが大切です。

 

 

善玉菌が好む食べ物は、食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖などがあります。

 

 

・食物繊維
食物繊維を多く含む食べ物には、ゴボウやモロヘイヤ、ほうれん草、キャベツなどの野菜、ワカメやヒジキなどの海草、枝豆などの豆類、キウイやプルーンなどの果物に多く含まれています。また、便のカサを増やしたり、柔らかくしたりする作用もあるので、しっかりと取ってください。

 

 

・乳酸菌やビフィズス菌
乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌の1つです。なので、乳酸菌やビフィズス菌を多く含んでいるヨーグルトなどの乳製品、漬け物やキムチなどの発酵食品をたくさん食べると、腸内の善玉菌を増やすことができます。

 

 

ただし、食べ物に含まれる乳細菌は、胃酸でほとんどが死滅してしまうため、生きたまま大腸に届くことは少ないです。もし、届いたとしても大腸は乳酸菌を異物と見なし、排泄してしまいます。なので、毎日食べて腸内にたくさんの乳酸菌やビフィズス菌を送り届けてあげることが重要です。

 

 

・オリゴ糖
オリゴ糖は、善玉菌の1つビフィズス菌の大好物です。オリゴ糖の特徴は、他の糖と違って胃や小腸で消化吸収されずに、そのままの形で大腸に届くので、高い効果が期待できます。また、体内への吸収がほとんどないので低カロリーなので、カロリーが気になる人でも気兼ねなく摂る事ができます。

 

 

オリゴ糖は、バナナや牛乳、タマネギ、トウモロコシなどに含まれています。ただ、含まれている量は少ないので、十分な量を摂るのはちょっと難しいかもしれません。オリゴ糖を摂るのであれば、オリゴ糖製品を使ったほうが手軽ですね。

 

 

 

逆に悪玉菌のエサとなるのは、卵や肉などの高タンパク、高脂質の食べ物です。ハンバーガーなどのファストフードやジャンクフードにたっぷりと含まれている食材です。確かにおいしいですが、腸内環境を考えると、少し食べるのを控えたほうが良いですね。

 

 

便秘や痔を改善するためにも、肉や卵などをたくさん使用した欧米風の食事を減らして、野菜や海草などが中心の日本食を食べることをおススメします。

 

 

トップページへ戻る