善玉菌 お通じ 腸内環境

お通じを良くするには善玉菌を増やして腸内環境を整えること

毎日スムーズなお通じがある人と便秘の人の違いは、腸内に住んでいる細菌にあります。大腸の中には数100種類の細菌が住んでいて、その中には腸の動きを活発にする善玉菌、動きを鈍らせる悪玉菌がいます。

 

 

便秘を解消するためには腸内に住んでいる善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすことが必要不可欠です。

 

善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすには?

腸内細菌は、私達が口にし、胃や小腸で消化吸収された食べ物のカスを栄養源としています。そして、善玉菌と悪玉菌はそれぞれ違う食べ物を好むので、善玉菌のエサとなる物を多く食べ、悪玉菌のエサとなる物を控えることが大切です。

 

 

善玉菌が好む食べ物は、食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖などがあります。食物繊維を食べると、排便を促し、腸内がきれいになるため、善玉菌が住みやすい環境になります。食物繊維を多く含んでいる食べ物は野菜や根菜、海藻、果物などがあります。

 

 

乳細菌は、胃酸でほとんどが死滅してしまうため、生きたまま大腸に届くことは少ないです。もし、届いたとしても大腸は乳酸菌を異物と見なし、排泄してしまいます。

 

 

ただし、乳酸菌の死骸は善玉菌のエサとなるため、毎日食べることで善玉菌が元気になり数も増えます。乳酸菌を多く含む食べ物は、ヨーグルトなどの乳製品、キムチや味噌などの発酵食品です。

 

オリゴ糖は、善玉菌の1つビフィズス菌のエサとなります。また、普通の糖は胃や小腸で消化吸収されてしまうのですが、オリゴ糖は消化吸収されることが少なく、大腸にしっかり届くので、効果が高いと言われています。

 

 

オリゴ糖は、バナナや牛乳などに含まれていますが、その量はわずかなため、十分な量を摂ろうとすると食べすぎになってしまいます。なので、オリゴ糖として商品化されたものを利用したほうが効率よく摂ることが出来ます。

 

 

逆に悪玉菌のエサとなるのは、卵や肉などの高タンパク、高脂質の食べ物です。食の欧米化に伴いこれらの食べ物を食べる機会が増えているため、悪玉菌が増えている人が多いと思います。

 

 

善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすためには、欧米化した食事を減らし、日本食を中心とした食生活にすることが効果的です。