食物繊維 悪化 生野菜

キャベツを食べると便が硬くなる|ネバネバ系の食材を多く取ることが重要

キャベツやごぼうなどをたくさん食べて、食物繊維をたっぷり摂っているのに、便秘が解消しないだけでなく、おなかの張りが強くなったり、便が硬くなってしまうことがあります。

 

 

野菜や根菜類に含まれている食物繊維は、不溶性食物繊維といい、食べると便の量を増やすことができます。また、大腸を刺激して動きを活発にしてくれます。この作用により便秘解消に効果を発揮します。

 

 

しかし、大腸の働きが低下し、排便しにくい状態で、不溶性食物繊維をたくさん食べてしまうと、腸に溜まる便の量がどんどん増えてしまい、症状が悪化してしまいます。また、不溶性食物繊維からガスが発生しやすいことも症状を悪化させる原因になります。

 

 

便秘を解消するためには、野菜や根菜類だけでなく、果物や海草、納豆、オクラ、山イモなどのネバネバ系の食材を多めに食べてください。これらの食材には水溶性食物繊維という食物繊維がたっぷり入っています。

 

 

水溶性食物繊維は、大腸にはいると水に溶けてゼリー状になります。ゼリー状になった水溶性食物繊維が便に含まれると、便を柔らかくしたり、腸内をスムーズに動くことを手助けします。

 

 

便秘を解消する、便を柔らかくするためには、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランスよく食べることが重要です。