キャベツの食べすぎで便秘が悪化

キャベツの食べすぎで便秘が悪化|オナラが臭くなることも

食物繊維がたっぷり入っている野菜は、便秘解消には欠かせません。中でもキャベツは値段も安く、サラダや炒め物、お鍋に入れるなどいろいろな料理にあるのでとても便利なので、積極的に食べている人も多いのではないでしょうか。

 

 

また、カロリーも少なく、お腹も膨れるので、ダイエット中の人にはうってつけの食べ物ですよね。しかし、キャベツを食べ過ぎてしまうと便を硬くしてしまったり、オナラが臭くなってしまうことがあるのを知っていますか?

 

 

キャベツの食べ過ぎによる症状

キャベツに多く含まれている食物繊維は、不溶性食物繊維と言います。このタイプの食物繊維は水に溶けません。溶けない代わりに、水を含むと何倍にも膨らみます。大腸の中に入った食物繊維は、何倍にも膨らんで大腸の壁を刺激します。すると、便意が起きたり、大腸が活発に動き出すため、排便が促されます。

 

 

しかし、キャベツに含まれている食物繊維は硬いという特徴もあります。そのため、水分補給が足りなかったり、大腸の動きが低下しすぎているようなときは、どんどん便が硬く、大きくなってしまうため、排便がしにくくなったり、お腹の張りが強くなることもあります。

 

 

さらに、キャベツには臭いオナラの原因となるイソチオシネートという成分が含まれています。この成分は、ガンを予防効果があるとも言われるのですが、アンモニアを発生させる性質も持っています。つまり、キャベツは便秘解消には欠かせない食べ物なのですが、食べすぎは良くないということになります。

 

 

キャベツだけに頼らない

食物繊維には、キャベツなどの野菜に含まれている不溶性食物繊維ともう1種類”水溶性食物繊維”があります。ワカメやひじきなどの海草、大豆などの豆類、キウイなどの果物、キノコ類に多く含まれています。

 

 

水溶性食物繊維は、水に溶けて、ゼリー状になる特徴があります。大腸に入りゼリー状になった水溶性食物繊維が便に含まれることで、便は柔らかく滑りの良いものになります。

 

 

つまり、食物繊維は2種類ありそれぞれ役割が異なるので、バランスよく取ることが重要です。手軽だからと言って、キャベツの千切ばかり食べないように気をつけてください。具沢山の味噌汁、煮物、お鍋、海草や豆が入ったサラダなどいろいろな食べ物から食物繊維を取ってください。

 

 

トップページに戻る