水分補給 柔らかくならない 便

水を飲んでも便が柔らかくならないのは間違った飲み方をしているから

水分は便を柔らかくするためには欠かせません。水分補給が足りないと、体内の水分量が減ってしまうため、大腸は便から少しでも多くの水分を奪おうとします。このため、カサカサでカチカチの便になってしまいます。

 

 

ただし、水分補給のやり方を間違ってしまうと、効果が半減、逆効果になることもあるので注意してください。

 

 

便秘解消のために、朝目覚めたときに、コップ一杯の冷たい水を飲んでいる人も多いと思います。確かに、冷たい水は大腸を刺激し、排便を促します。しかし、冷たい水により体が冷えてしまう恐れがあります。

 

 

特に、女性は体が冷えやすいので気をつけてください。体が冷えると、大腸も冷えて動きが悪くなり、便秘が悪化してしまいます。体が冷えやすい人は、常温の水、もしくはぬるま湯を飲むようにした方が良いかもしれません。

 

 

水分は1日に1.5〜2リットル必要と言われます。たくさんの量が必要となりますが、少しの量をこまめに飲むようにしてください。一度にたくさんの量を飲むと、おしっこで排泄されやすくなってしまいます。

 

 

水分補給は、水またはノンカフェインのお茶で行ってください。コーヒーやお茶、コーラにも入っているカフェイン、ビールなどのアルコールには利尿作用があるため、体内の水分がどんどん排泄されてしまいます。

 

 

スポーツ飲料は、スポーツの後など汗をかいたときには、ミネラル補給も出来るので良いのですが、普段は避けてください。スポーツ飲料には、砂糖がたくさん使われているので糖分の過剰摂取になってしまいます。