ヨーグルト お通じ コレステロール

ヨーグルトを食べても便が柔らかくならない|善玉菌を増やすには

ヨーグルトは便秘に良いと言われ、毎日食べている人も多い
と思います。しかし、中にはお通じは良くならずに、体重が
増えてしまったという人もいると思います。

 

 

そもそも、ヨーグルトが便秘に良いといわれるのは、ヨーグ
ルトの中に、善玉菌の1つ乳酸菌が含まれているからです。
確かに、大腸の中に乳酸菌(善玉菌)が多く住んでいると、
動きが活発になり、お通じが良くなります。

 

 

しかし、ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌は胃酸により
死滅してしまい、生きたまま大腸に届くのはほとんどいません。
もし生きたまま大腸に届いたとしても、大腸は異物と見なし、
すぐに排泄してしまいます。

 

 

ただし、乳酸菌の死骸は大腸に住んでいる善玉菌のエサ
となるため、毎日食べ続けると善玉菌が元気になり、数を
増やすことが出来ます。ヨーグルトは動物性脂肪なので
食べ過ぎはコレステロール、脂肪が増える原因になる
ので注意してください。

 

 

大腸内の善玉菌を増やすには

善玉菌はは外から取り入れるよりも、すでに大腸に住んで
いる善玉菌を元気にしたほうが、簡単に数を増やすことが
出来ます。

 

 

大腸内の細菌は、私達が食べた食べ物のからエネルギーを
得ているので、食事の内容により元気になったり、元気がなく
なったりします。つまり、善玉菌が元気になる食べ物を食べて
悪玉菌が元気になる食べ物を控えることが重要です。

 

 

善玉菌を元気にするには、オリゴ糖を摂ることが効果的です。
オリゴ糖は、ビフィズス菌の大好物。
さらに、消化吸収されにくいのでしっかり大腸に届きます。
オリゴ糖はバナナや大豆、ハチミツ、キャベツやとうもろこし
などの野菜に含まれています。

 

 

最近は、食べ物からオリゴ糖だけを取り出し、製品化されて
いるものもあるので、それを利用するのも効果的です。
ちょっとした料理に加えたり、コーヒーに加えることで手軽に
オリゴ糖を摂取できます。