ヨーグルトが便秘に効かない

ヨーグルトが便秘に効かない|善玉菌で腸内環境を改善したい

ヨーグルトは便秘に良いと言われ、毎日食べている人も多いと思います。しかし、お通じ良くならない、便秘が治らないという人も多いのではないでしょうか?

 

 

まず、ヨーグルトが便秘に良いと言われる理由は、ヨーグルトの中に善玉菌の1つ乳酸菌が含まれているからです。善玉菌とは、大腸の中に住んでいる細菌の中で体に良い働きをする菌のことです。逆に、体に悪さをする菌を悪玉菌(大腸菌など)と言います。

 

 

大腸の中に、大腸の中に乳酸菌(善玉菌)が多く住んでいると、腸内環境が整い、大腸の動きが活発になるのでお通じが良くなります。では、なぜヨーグルトを食べて善玉菌を取っているのに、便秘が良くならないことがあるのでしょうかか

 

 

ヨーグルトに含まれる善玉菌は死滅している

ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌は、胃を通り抜けるときに胃酸によりほとんどが殺されてしまい、生きたまま大腸に届くのは稀です。仮に、生きたまま大腸に届いたとしても、大腸は体の外から来た乳酸菌を異物と見なし、すぐに排泄してしまいます。

 

 

このような理由から、一生懸命ヨーグルトを食べて乳酸菌(善玉菌)をとっても、大腸の中に住み着かせることはできません。ただし、乳酸菌の死骸は大腸に住んでいる善玉菌のエサとなるため、間接的に善玉菌を増やすことはできます。

 

 

ヨーグルトに含まれている乳酸菌よりも腸内環境を改善できる菌も見つかっています。それが漬け物やキムチなどに含まれている植物性乳酸菌です。(ヨーグルトなどの乳製品に含まれているものを動物性乳酸菌と言います。)

 

 

植物性乳酸菌は、生命力が強いため胃酸でもやられません。生きたまま大腸に届くので、便秘解消に高い効果を発揮することができます。

 

 

ここまでは体の外から善玉菌を取り入れる方法でしたが、すでに腸内に住んでいる善玉菌を増やす方法もあります。

 

 

大腸内の善玉菌を増やすには

善玉菌はは外から取り入れるよりも、すでに大腸に住んでいる善玉菌を元気にしたほうが、簡単に数を増やすことが出来ます。すでに体内に住んでいるので、胃酸に影響を受けず、異物としても見なされないので排泄されにくいので高い効果を発揮します。

 

 

大腸内の中には、100兆個もの細菌が住んでいます。この腸内細菌は、私達が食べた食べ物のからエネルギーを得ているので、食事の内容により元気になったり、元気がなくなったりします。つまり、善玉菌が元気になる食べ物を食べて悪玉菌が元気になる食べ物を控えることが重要になります。

 

 

善玉菌のエサとなるも物は、食物繊維とオリゴ糖です。逆に、悪玉菌のエサとなる物は、肉や卵などの動物性たんぱく質です。

 

 

食物繊維をたくさん含む食べ物は、玄米などの穀物、ゴボウやキャベツなどの野菜、ワカメやヒジキなどの海草類、豆類、果物などです。オリゴ糖は、砂糖の一種でバナナや大豆、ハチミツ、アスパラガス、タマネギ、とうもろこしなどの野菜に含まれています。

 

 

ただし、食べ物に含まれているオリゴ゙糖の量はわずかなので、十分な量を取るのはちょっと難しいかもしれません。なので、オリゴ糖製品を利用したほうが楽だと思います。砂糖の変わりに料理に加えたり、コーヒーに加えることで手軽にオリゴ糖を摂取できます。

 

 

オリゴ糖は、砂糖とは異なり体内に吸収されないくい性質(難消化性)を持っているので、摂取カロリーも砂糖の半分なのもうれしいポイントですよね。

 

 

ホームへ戻る